斉藤さん のすべての投稿

カードローンは一括返済でお得に?おすすめの返済方法とは

思いついた時に気軽にお金を借りられる非常に便利なカードローンですが、借り入れした元金と利息分を合わせて完済を目指すとなると結構大変なものですよね。特に、カードローンで借り入れをした際にかかる金利は、住宅ローンや自動車ローンの利息と比べると高めに設定されていますので、毎月の最低返済額をコツコツ返していってもなかなか元金が減らないのではないでしょうか。

そう考えると、カードローンで借りたお金はなるべく早く返済し、少しでも余計に支払う利息を減らしたいですよね。カードローンの場合、利息は日割りで計算されているため、借りている日数が1日増えればその分だけ支払う金額は膨らむことになります。逆に言えば、1日でも早く返済を終えることが出来れば、それだけ支払う総額を減らすことが出来るのです。

返済するなら一括がおすすめ

上述のことを踏まえて考えると、早く返済を終えるために、一括返済がお得なのではないかと思いますよね?実際、一括返済で支払い終えることが出来れば、その日以降は利息が発生しませんので、本来払うはずだった利息分だけ得をすることになるでしょう。ですから、金銭面だけを考えるならば一括返済は非常にお得な手段で、まとまったお金が用意できるのであれば実行するメリットはあるかと思います。

私も、やはり早く返し終えてすっきりとしたかったので一括返済をした経験があります。私の場合は、借り入れた金額が30万程度と比較的少なかったため、ボーナスが出たら一括返済に充てるということを見込んで借り入れたという事情もありました。

確かに、一括返済は金銭的にはお得になるため、おすすめの返済方法ではあるのですが、必ずしも誰にでもおすすめかと問われるとそれは少し違うかなと思います。人によっては、借り入れた金額が大きいため、そもそも一括返済のためのまとまったお金を用意することが困難な場合もあるでしょう。

無駄遣いせずコツコツお金を貯めよう

一時しのぎ的に無理してお金を集め頑張って一括返済したとしても、手元にある程度はお金が残っていなければ結局また借り入れをおこなう羽目になる可能性が高いです。例えば、急な出費でお金が必要になった際に、貯金がなければ再びカードローンに頼る結果になってしまうでしょう。

多重債務状態に陥ると、それこそ管理するのが大変になり、返済がどんどん難しくなってしまいます。ですから、慌てることなくカードローンに頼らなくても大丈夫な安定した生活基盤をしっかりと築いてからでも、一括返済するのは遅くないかなと思います。

少しでもお得に返済するためには、一括返済することを決めたのならば1日でも早く実行するのが望ましいです。と言いますのも、繰り返し述べているように、利息の計算は日割りでおこなわれるため、1日延びればその分金額が増えます。

お金がない!そんなときどうしよう

借りている元金が少ない場合では、1日の利息は微々たるものかもしれませんが、元金が多い人ですと1日の利息だけでも結構な金額になります。一括返済をいつにするかの日時は、基本的には自分の都合のよい日におこなうことができるのですが、このようなことを踏まえるとのんびりすることなく早めに行動した方がよいです。

まずはカード会社に確認

一括返済の具体的な方法はカード会社によって対応が様々ですから、まずは自分が利用しているカード会社へお問合せをしどんな返済方法にするのかを相談して決めましょう!一般的にはカード会社の窓口での返済やネットバンクや金融機関からの返済、振込みなどの方法をとっている会社が多いため、返済自体はそれほど大変ではなく、空いている時間にでもスムーズにおこなうことができるでしょう。

そして、返済する日によって金額が異なるため、しっかりと電話などでいくら返済するかを確認し金額を準備するのが大切です。細かいですが、1円でも返済が残っていればまだ完済したことにはならず、その残っている金額にも利息が発生してしまいますので注意が必要です。

きちんと一括返済することが出来れば、金銭的に今後の負担を大きく減らせるお得な返済方法ですし、今後住宅ローンの審査などにおいても有利に事を運べますので、ぜひ上手に活用してみましょう!

ダイエットの味方と聞いてチーズをおやつにしたら思ってもみないことが起こりました

万年ダイエッターの私ですが、先日、ダイエット仲間の友人が「チーズはカロリーは高いけど食べても太らない食べ物なんだよ。」と教えてくれました。

彼女は以前も「ナッツは太らない」と言っていました。その時に、調子にのって、ナッツをバクバク食べていたらなんとなく体重が増えてしまった私です。いくら太りづらいとはいってもきっとその量には限度があるんだなあと学びました。

今回は腹持ちのよいチーズということで、爆食いをすることもなく、時々、チーズを切って食べたり、スライスチーズを1枚つまんだりと食べ過ぎないようにチーズを楽しんでいました。

確かに、チーズは普段の食事にプラスしても全然太らないということを私も実感しました。もちろん、食べ過ぎればチーズでもなんでも太ってしまうとは思うのですが、やりすぎをしなければ太りづらい食べ物なんだなあと新発見しました。

すっかり、チーズのちょこっと食べが習慣になってしまった私です。

口の中から堅いものが……!?

この間、スライスチーズをいつものように食べていたら、何か堅いものを口の中に感じて、口からチーズごとそれを取り出して、堅いものが何か調べました。

白い小さなプラスチック片のように見えました。スライスチーズにプラスチックが混入されていたのかと驚きました。

しかし、私はその後、チーズにプラスチックが入っていた方がまだよかったという真実を知ります。なんと、その白くて硬いものは私の奥歯に入れたインプラントの歯だったのです。白いものは歯のセラミックが欠けたものだったのです。

私は真っ青になりました。奥歯のインプラントはものすごく高価だからです。あんな高い買い物をしてして間もないのに、もう壊れたのかとショックでくらくらしてしまいました。

思い切って歯医者に相談すると、こんなに早くセラミックが欠けた例はないということでした。歯医者が冗談で「石を食べましたか?」と聞きました。「いえいえ、スライスチーズです。」と私は返しました。

結局、セラミックの歯をもう一度取り外し、研究所で調べてもらって新たに研磨してもらい特に大きな問題はないといって、セラミックの歯が帰ってきました。

今はまた私の口に収まっています。どうして欠けたのか歯医者にも理由がわからないそうです。それにしても、全部無料だったので、ほっとしました。

ハラスメントをテーマにしたドラマを思ったことがあります

ハラスメントをテーマにしたドラマの放送がありました。ハラスメントをテーマにするなんて、チャレンジャーだなと思いました。凄い勇気だと思います。

実際、パワハラの被害者になったことがあるので、共感できる部分もたくさんありました。加害者はハラスメントだと思っていないかもしれないけど、被害者はハラスメントだと感じることがあります。昔は当たり前だったことが今では許されないことになっています。

ドラマの中で印象的だったのが「頑張れという言葉がパワハラになった」ということでした。普段からつい言ってしまいがちな言葉だと思います。これがプレッシャーになって、パワハラだということになってしまう、というのは怖いことだなと思いました。

私自身が被害に遭った時はそういう些細なことではなく、陰湿ないじめのような感じでした。加害者がいれば挨拶をしても返さない。

加害者が不在であれば、挨拶をしてもらえる、などの本当に些細なことから始まりました。最終的には労働基準法違反まで犯されたので、裁判ということになりました。

ハラスメント問題はまだまだ過少に見られている

実際、ハラスメントの被害に遭っている人はたくさんいると思います。でもそのほとんどが泣き寝入りをしているんじゃないかなと思うのです。

だから加害者も自分が悪いことをしているという自覚を持てないままで、再び被害者を生み出してしまうことつながるのでしょう。もしもあのドラマのようにコンプライアン室があって、相談をすることができれば変わっていくんだと思います。

私が被害に遭った企業にもコンプライアン室はありましたが、相談をしても「うちの社員がそんなことをするはずがない、嘘をつくな」と電話口で怒鳴られただけで終わりました。何も調査をしなかったのです。

こういう形だけの企業もたくさんあると思うので、意識改革って絶対に必要だと思いました。ドラマの中の世界のようにはいかないのかな、と思いますし、機能していないコンプライアン室があるというのも悲しいなと思いました。

もうすぐ3歳になる娘と一緒に、幼稚園の願書配布と体験保育へ

先日は、遂に幼稚園の願書配布の日になりました。全国のママさんも、この日は結構血眼な方がいるのではないかと思います。中には、3才児になる子供を保育園から幼稚園に切り替えようか悩む人もいるかもしれません。

私は実はその内の一人で、自分が幼稚園卒だったので、やはり幼稚園に切り替えることにした次第です。

私も二歳の娘と一緒に願書をもらうために幼稚園へ行きました。場所は自宅から、大人の足で10分位だったので、頑張って娘と歩いていってみました。

途中で娘が転んで靴が脱げたのを、同じ幼稚園の願書配布に向かう親子に拾われたりするハプニングがありましたが、娘は一度もだっこをせがまず幼稚園に行けました。

と、表向きは願書配布で、実は見学のときにすでにもらっていたりします。表向きは願書配布日は、子供を先生に一時間ほど預けて、親は園長先生の説明をきき、まだ願書をもらってない人はその後、願書をもらう流れでした。

我が子は二年間保育園に通っていただけあり、私と離れても、マイペースに好きなキャラクターのぬいぐるみを教室で見つけて、大事そうに脇に抱えていました。

園長先生の説明のとき…めちゃくちゃトイレに行きたくて仕方なかったです…。4ヶ月の赤ちゃんに母乳をあげる関係で、いつもの癖で水分を多くとってしまって、一人でそわそわしていました。

席の近くにはトイレがありますが、なかなか行きにくく、小さな子供が堂々とトイレに行くのがとても羨ましかったです。説明自体は見学のときとほとんど同じだったので、とりあえず尿意を我慢するのに集中していました。

娘は楽しくやっていけそうです

園長先生の説明が終わり、子供のいる教室へ迎えに行きました。教室が親と子供でわちゃわちゃしているなか、娘が私に気づいてハッと嬉しそうにしてくれたのは私も嬉しかったです。しかし、わちゃわちゃっぷりがすごく、なかなか娘のところに行けません。

ちょうど娘の近くにいた幼稚園の先生と目が合い、娘の肩につけたリボンの番号をジェスチャーで伝えると、先生が娘を連れてきてくれました。

先生いわく、「とてもお利口でした!」とのこと。周りで泣いている子供が多い中、娘はずっとニコニコしていたみたいです。嬉しいようで、少し寂しかったママでした…。

ちなみに、娘に「何して遊んだの?」と聞いたら「みんなで喧嘩して遊んだの!」と元気に答えました。なるほど、子供にとっては喧嘩も遊びになってしまうのか…と感心しました。入園したら仲良く遊んでもらいたいです。

引越ししたいけど、家族4人の賃貸物件探しが難しい訳

家族4人で住んでいる2Kのマンションも、いい加減狭いので、引っ越しをするべく物件を検索し始めました。子供は上が5歳下は1歳。主人の会社が傾きがちで給与が減ったので、購入は断念。一生賃貸住まいを決めました。

この物件探し、結構難しいのです。共働きで子供二人を保育園に通わせている為、遠くに引っ越すと私の職場が遠くなり、子供を迎えに行くのが遅くなってしまいます。

私の仕事も変えて、保育園も変えてとなると結構大変なので、今通っている保育園に引き続き通える範囲で検索、今住んでいる場所から近いところならいいのですが、結構便利な立地に住んでいるためか、近くで広い間取りを探すと家賃が結構高くなってしまいます。が、広い間取りで安い物件を発見し、さっそく内見に行きました。

部屋はいいけど……と悩んでいたら

本当に結構いい感じの部屋だったのですが、4階建てのマンションで、空室は3階に2部屋、4階に3部屋でした。3階に住んだとして、エレベーターなしは辛い。例えばベビーカーに子供を乗せて公園へ出かけて、子供が疲れてきてベビーカーで寝てしまう。

寝たならば静かでいいとそのまま買い物を済ませて自宅に帰ったとして・・・エレベーターなしは辛い!!まず荷物を運ぶ?まず子供かな?少なくとも2往復はしないといけません。

朝、自転車に子供を乗せたところで忘れ物を思い出したら?子供を自転車にのせたまま3階まで戻る?と、内見の後、悩みに悩んで「大変なのはあと1,2年だし、その後は3階まで階段でも子供の体力づくりに丁度いいかもしれない」と自分を納得させ、申込をするべくもう一度不動産屋さんに問い合わせると、5室ほど空いていた物件がなんと満室に・・・。

この物件ならば保育園まで遠くならず、家賃も安くなって部屋は広くなるという素晴らしい好条件でしたが、エレベーターなしに躊躇したために逃してしまいました。

結構空室があったので、少しぐらい悩む余裕はあると思ったのですが、フリーレント1ヵ月と保険料、鍵交換台無料!という空室が多いが故の大サービス中で、あっという間に埋まってしまったのでした。

後日、別の不動産会社に別の物件を紹介してもらい、保育園からは少し離れてしまうけれど、私の職場に近い戸建てタイプの物件を契約できました。

引越しと言えば4月の新生活に向けた時期が引越しシーズンですが、秋は転職シーズンでもあり、来年度の保育園や幼稚園を申し込む時期でもあるので、ファミリー層の引越しシーズンとも言っていいと思います。

引っ越しのお金がない

久々に風邪を引いてしまいダウン寸前になってしまってました!

滅多に風邪を引かない私ですが久々に風邪を引いていました。もう怠すぎてキツすぎてずっと横になってました。熱が出ないんですけど、体の節々?関節?が痛くて、あぁ!これはきたな、、って感じでした。

幸いに今仕事をしていないんで良かったですが、なんせ家事育児が待ってるんですよね。ノンストップですからね!仕方ないとは言え本当キツイですよねー!

世の中のお母さんってこういう時本当に大変だなぁって思いますし、私自身踏ん張りどころ!頑張んないと!ってなりました。

休めないんですもんね!ちゃんとご飯も作って家の事も休めないですしね!頑張ってやり遂げましたよ!そんな大したことではないんですけど、自分的に、頑張ったー!って気持ちになったんですよ。

やっぱり母はいつでも元気でいないといけないですよね!本当に。母が元気じゃないと家庭を守れない!とか思っちゃいました。っていってもかなり手抜きなご飯になってましたけどね。

母親って大変です

体調が悪い時は仕方ないですよね。レトルトカレーにした時もありました。自分は食欲ないんですけど、食べないと良くならないから食べないと!と思ってお粥を作って食べたりしていました。

食欲ない中食べるのもある意味一苦労なんですよね!はぁ、私も看病してほしかったなぁー!母になったら看病ってしてもらえないんですよね。少し寂しさを感じてしまいました!

旦那は一応気を使ってくれて仕事から帰ったら休ませてくれたりはしたんですけどね。横になっててもあれはどこー?とかこれはー?とか言われちゃうもんだからゆっくり休めない!笑

仕方ないんですけどね。普段家事しないからなにがどこにあるかなんて分からないですもんねー。まぁやってくれるだけ有り難いし助かるからよし!としないとね。

でもこんな時に限って旦那が仕事が忙しかったりするんですよねー。残業になってしまったりする事も多かったのでキツかったです!結局1週間くらいダルくてキツかったけどやっと治って良かったです!

小学校の運動会が、台風のため平日に延期になった話

私には小学生の子供がいます。今年は台風の当たり年とあって、9月末に開催予定だった運動会が延期になってしまいました。私も主人も運動会に合わせて仕事の休みをとっていたのに、運動会の前日に急遽、延期日が翌週の10月頭の平日と決まりました。

はっきりいって、慌てました。私はすぐに職場に事情を話し、9月末は働くから、10月頭の平日に休みを下さいと言いました。理由が理由だし、仕事のせいで母親が小学生の子供の運動会に行かれないのは、さすがに可哀想だと思ってくれて、勤務の変更が出来ました。

職場には、私よりも年上の先輩ママがたくさんいます。おかげで子育てに対する理解があり、PTAや子供の病気でも気兼ねなく休みが取れるのです。給料が少し低いのが玉にキズですが。しかし、主人はそう上手く事が運びませんでした。どうしても勤務の変更が出来ず、運動会を見に行くことは出来ませんでした。

色々残念だったけど無事終わって良かったです

当日は薄曇りの爽やかな天気で、運動会日和でした。保護者は例年よりも少なかったのですが、皆楽しそうに観戦していました。

私の父も、孫の勇姿を見に来てくれました。一つがっかりしたのが、PTAによる保護者の競技が中止になってしまったことです。私は玉入れをする予定だったのに、わざわざそのためにジャージを着てきたのに、活躍出来ず残念です。

私は、来れなかった主人のためにビデオを撮りましたが、やはり使い慣れていないとダメですね。特にズームで撮影した画像が揺れてばかりで、大変見にくい出来映えになってしまったし、ひたすら私と父のつまらない話し声が入っていました。

徒競走や棒引きなど、どれも後ろ姿での撮影となってしまいましたし、子供本人も、徒競走はビリ、棒引きは3回やって3回とも負けてしまいました。

でも、ダンスだけはまともに撮れていたし、子供も一番力を入れて練習していたので、親子ともに及第点です。最高ではないけれど、今年もケガなく無事に終わることが出来た、いい運動会でした。

これからしばらくの間、目に見えない恐怖との戦いが始まる……!!

全国的なニュースで、大人の風疹が流行していると報道していました。私自身もまだ風疹にかかっていない幼児がいますし、夫は丁度40歳前後、予防接種の空白期間ギリギリの年代なので、ちょっと怖いです。

義理の母に母子手帳の有無を確認して、予防接種の有無を確認しておきたいですね。私達の不注意や惰性で風疹のウイルスに感染してしまって、それが妊婦さんに……なんてことになったら、生まれてくる子どもに全ての負債を背負わせることになってしまうのですから。

これを書いている私自身も、多分大丈夫だろうという曖昧な認識なので、自分の親に確認しておきたいものです。そう考えると、母子手帳って大切だなあと思うので、自分の娘の母子手帳も大切に残しておいて、何かあったときのために残しておきたいと思いました。

ウイルスが可視化されたら……はやっぱりダメですね

風疹に関わらず、間もなく風邪が、特にインフルエンザが流行し始める季節ですね。これだけ科学技術が発達しているのだから、インフルエンザウイルスが簡単に可視化出来るようなものが発売されればいいのに、と、思いますが、それを使うと世界がウイルスだらけになってしまって、外に出るのが嫌になるだろうなぁ、と、思います。

漫画「もやしもん」の主人公が見てるような世界になるんですよね。漫画くらい可愛いウイルスならいいのに、実際はなんてことない無機質な物体が、うにゃうにゃ動いているだけなのでしょう……見えないほうが良いものもあります。

インフルエンザも予防接種を受ければある程度予防出来ますが、摂取したものと流行の型が違っていたらあまり意味がないらしいので、結構な確立ですね。何もしないよりマシなのだと思いますが、ちょっと考えてしまいます。有料なので、家族全員で何本も受けられるわけでもありませんし。

そもそも一人で何回も摂取して良いものなのでしょうか。こう思うと、自分は目に見えないウイルスに対して、認識が甘いなと思います。目の前にあるパソコンで調べれば色々なことも分かりますので、情報を取捨選択して、ウイルスとの戦いに勝っていきたいですね。